法人向けメーカー製パソコンのデメリット

デザイン性が重視されていないため見た目が画一的

業務で利用するからといって、必ずしも法人向けのパソコンを導入する必要はありませんが、法人向けのメーカーと交渉すると注文台数が多くても一括で納入してくれますし、あるいはパソコン自体、会社で使われることを前提に設計されているのでなにかと使いやすいです。しかし、法人向けメーカーのパソコンを選んで会社で利用することには、いくつかのデメリットもあります。まず、デザイン的に似たようなものばかりになってしまいがちです。個人が使うパソコンはデザイン性が求められるので、質感がよかったり、ノートパソコンの厚さが極限まで薄くてかっこいいということがありますが、会社で使うパソコンは故障しないことが第一なので、デザイン性はほとんど重視されていません。

プリインストールされているソフトが少ない

デザインが悪くても、個人の持ち物ではなく会社のパソコンなのだから別に問題ないのではと考える人もいるかもしれませんが、若い社員などはデザイン性の高さとスペックのよさが両立しているパソコンを使って仕事をすれば、確実にテンションが上がるでしょう。そのため、就労意欲を高めるという点では、法人向けパソコンは劣っているといえるのです。法人向けパソコンを作っているメーカーが限られているという問題もあります。つまり、個人向けのパソコンと比べてあまり選択肢がないのです。最初からインストールされているソフトが少ないというのは、不要なソフトが大量に入っている個人向けパソコンと比べるとメリットといえますが、必要なソフトを自分たちで探し出してインストールしないといけないという点ではデメリットでもあるでしょう。